油揚げについて

手づくり一筋「六甲あげ」

丹波地方の大豆を使用した
「六甲あげ」

こぞう村の油揚げは、四国伊予松山地方が発祥の地とされています。1637年に起こった島原の乱の後、松山地方の人々が移住し熊本南関地方に伝わりました。そして今、ここ関西尼崎の地に約400年の月日を経て、日本有数の大豆産地である丹波地方の大豆を使い「六甲あげ」として誕生しました。丹波大豆のうまみを最大限に引き出すために、余分な水分を取り去り凝縮させた乾燥油揚げです。

六甲あげと大根おろしの六甲おろし
六甲あげと大根おろしの六甲おろし

「六甲あげ」の美味しい食べ方

乾燥油揚げのため、表面は硬く、手で簡単に割ることができるので、お鍋や味噌汁、おでんやうどんなどにそのまま入れて、1分~2分に込んでお召し上がりください。ぜひ、見た目からは想像できないような「じゅわぁ~とろ~」とした食感と丹波大豆の旨味を存分にお楽しみください。

簡単便利な「六甲あげ」は油抜きが不要です。
賞味期限は常温で約3ヶ月になります。

六甲おろしの簡単レシピ

  1. 沸騰させたダシ汁(※)に六甲あげ半分を適当に割ったものを入れます。
  2. 約2分ほど煮込みます。
  3. 器に移し、大根おろし、刻みネギを入れます。お好みでおろし生姜、一味を入れたら完成です。

※・・・かつおだし8、みりん1、濃い口醤油1、砂糖少々(市販のめんつゆでもOK)

丸い六甲あげ「こぞう」

新登場!にこちゃん入り
丸い六甲あげ「こぞう」

なんと六甲あげに丸い形でにこちゃんマーク入りのかわいい「こぞう」が新登場しました!笑顔増量中になりますので、色々な種類の笑顔が何枚か隠れております!ぜひ味も見た目も楽しんでお召し上がりください。